契約時の交渉

賃貸契約で保証人無しとは

賃貸契約において必要なものに連帯保証人を立てるという事ですが、誰でも良いわけではなく、契約者の親族関係である事、収入を毎月得ている事、職に就いている事など不動産会社によって条件は様々ですが、最近は契約者の年齢が上がると保証人が年金暮らしの親になるケースも少なくなく、ケースバイケースになってきています。
賃貸契約の保証人 一方で連帯保証人が不要な物件も民間の不動産会社でも多く登場しています。背景に外国人入居者の増加や親戚付き合いの希薄化の理由があり、その代わりに保証会社と契約をする事で入居できるというシステムです。
毎月保証料として家賃の数パーセントを上乗せして支払うか、年払いで請求されて支払うケースもあります。
不動産会社は入居者が家賃滞納した場合に保証会社に保証を請求できる為、物件を損する事無く貸し出す事が可能です。
借りる条件としてはこれまでの債務整理や支払い状況等もチェックされ、場合によっては借りる事が出来ない人もいます。

賃貸不動産を借りる際の契約交渉

賃貸不動産を借りる際の交渉ごとを、地主や家主と直接に行うという場合はむしろ稀で、普通は、その物件の取引仲介を行っている不動産業者と行うことになります。
これは、土地や建物を賃貸している地主や家主にとっても、その物件数が多かったり、契約手続きが煩雑であったりするために、ほとんどの場合には、その契約手続きも物件仲介を依頼している不動産業者に委託しているからです。
このために、アパートやマンションを借りて住もうとしている人や、店舗物件を借りて営業を始めようとしている業者などは、その物件の委託管理を行っている不動産業者と交渉をして、物件の持ち主と賃借人側双方の条件が折り合えば、契約を結んで物件を借りることになるわけです。
この交渉が妥結して賃貸契約が結ばれることになった場合には、もちろん、入居時費用として、不動産業者への仲介手数料と共に、住居である場合には敷金や礼金、店舗である場合には保証金の支払いが行われることになります。

ページの先頭へ